ABOUT TEA

デコラージュトップページ > ABOUT TEA > お茶と健康

お茶と健康

image001

紅茶には、タンニン、カフェインを主とするプリン塩基とたんぱく質、アミノ酸、糖、デキストリン、でんぷん、セルロース、ペクチンなどの化学成分をはじめ、葉緑素、カロチノイド、フラボノイド誘導体、アントシアニンなどの植物色素、樹脂酸、有機酸、ビタミン類などの無機成分が含まれ、その味や香りとともに私たちに様々なメリットを与えてくれます。

HEALTHY 健康に…

体液の酸化を防ぐ“天然アルカリ飲料”

紅茶は天然のアルカリ飲料です。手ごろな値段で気軽に、そして簡単に楽しめるヘルシードリンクです。

癌の予防と老化の防止に

紅茶に含まれるタンニンは、血液中のコレステロールを減少させたり、過酸化脂質の生育を抑制する効果を発揮します。そのパワーはビタミンEの20倍にもなり、老化防止効果、癌細胞の増殖を抑制する効果まで認められています。

虫歯予防にも効果的な紅茶の効果

紅茶には、微量ではありますが、フッ素が含まれていて、虫歯予防の効果も報告されています。このほか、疲労回復、思考力の増進などの効果があるといわれています。

カフェインは多いが、胃に優しい飲み物

紅茶にはコーヒーよりも多量のカフェインが含まれていますが、カフェインを中和させるタンニンも多く含んでいるため、実は胃に優しい飲み物です。

殺菌・抗菌

お茶に含まれるカテキンには殺菌作用があり、食中毒の予防になります。また、ウィルスの活性を抑える作用があるため、風邪の予防にもなります。喉がいがらっぽい時など、風邪を引く前に紅茶でうがいを行うと効果があります。


DIET 減量に…

カフェインがダイエットをサポート

運動をすると体の中のグリコーゲンから消費され、次に脂肪が消費されます。しかし、紅茶に含まれるカフェインは、この消費の順序を逆にしてくれる特殊な効果を持っているため、体内の脂肪から消費をスタートさせ、理想的なダイエット食品としての役割を果たしてくれます。


RELAXATION くつろぎに…

ストレス解消に最適

お茶を飲むと、なぜか心が落ち着き、くつろいだ気分になる・・・。これもカフェインとビタミンCという、お茶に豊富に含まれる物質の効果です。カフェインは眠気を覚まし気分を爽快にさせる覚醒作用と、体内活動を活発にする作用を持っています。また、ビタミンCは疲労回復に効くとともに、ストレスから体内を守る副腎皮脂質ホルモンを作る重要な物質とされています。これらの物質により、お茶を飲むとくつろいだ気分になるのです。

アロマ効果

キャンドルやお香など、香りによる癒しの効果は既に知られています。例えば柑橘系のベルガモットの香りは、ストレスや不安、緊張を和らげるといわれ、就寝前のリラックスに適しています。


COMMUNICATION 友と仲間と…

コミュニケーションをスムーズに

人をくつろいだ気分にさせる紅茶は、程よいコミュニケーションツール。紅茶を飲みながらの会話は、いつも以上に弾むこと間違いなしです。友達と、家族と、恋人と。そして当たり前のようにコーヒーが出されるビジネスの場でも、ひと味違った「おもてなし」のツールとして。紅茶の魅力はこんなところにもあります。