ABOUT TEA

デコラージュトップページ > ABOUT TEA > お茶の入れ方(ホットティー)

お茶・煮出しミルクティーのいれ方

ホットティーの入れ方

写真:ホットティー

1沸騰した湯を用意する

くみたての新鮮な水道水を強火で沸騰させ、沸騰した状態を約2分程度続けます。

ポイント
アルカリイオン水は不向きです。また、ミネラルウォーター(硬水)も不向きです。
充分沸騰させた水道水が、もっとも適切です。


2ティーポットを温める

沸騰したお湯をティーポットに注ぎいれ、ポットを充分温めます。

ポイント
紅茶は100度近くではじめて美味しい成分が溶け出すため、ポットに熱をうばわれないようにするためです。


3ポットのお湯をカップに移す

次にそのお湯をティーカップに移しカップを温めます。


4必要な分量の茶葉をポットに入れる

お湯150ccにつき茶葉をティースプーン1杯の割合でポットに入れます。

ポイント
フルリーフ(大きめの茶葉)の場合・・・・・・・・ティースプーン山盛り1杯・・・約3g
ブロークンやCTC(細かい茶葉)の場合・・・ティースプーン 軽く1杯・・・約2.5g
※ フレーバードティーの場合、上記より多めに入れると、香りが引き立ちます。


5充分沸騰した湯をポットに注ぐ

茶葉を入れたポットに、沸騰しているお湯を勢いよく注ぎ入れます。


6ポットに蓋をし、抽出を待つ

フルリーフで約3分、ブロークンやCTCで約2分半くらいが目安です。

ポイント
空気をたくさん含むお湯がポットの中で対流を起こし、茶葉の成分が溶け出します。


7茶葉を取り出し、カップにお茶を注ぐ

ポットの茶葉を速やかに取り出し、抽出した紅茶をカップに注ぎ入れます。

ポイント
苦味が増して紅茶の風味を損なう原因となるため、抽出し終えた茶葉は速やかにポットから出して下さい。

8熱い紅茶をお楽しみ下さい

色を目で、香りを鼻で、そして味を舌でお楽しみ下さい。