ABOUT TEA

デコラージュトップページ > ABOUT TEA > ティーディクショナリー

ティーディクショナリー

か行

キャサリン・オブ・ブラガンサ

イギリス宮廷に喫茶の習慣を持ち込んだ最初の女性。17世紀後半、ポルトガル王家からイギリス国王へ嫁入りした際、中国製の茶道具と茶箱に詰めた中国茶、砂糖を持参した。夫が妻をかえりみず、一人ぼっちの寂しさを癒す為に一人で茶を飲んだと言われる。やがて、王妃のまわりの茶を求める人にふるまうようになり、宮廷貴族の女性達の間に喫茶が流行していった。

キャッスルトン

ダージリンの中で最も有名な茶園の一つ。ダージリン南部、カーシオン地区に250haの茶園と工場がある。標高はダージリン地方のほぼ中間にあり、気候は比較的おだやか。香ばしい味わい、しかっかりとした風味が特徴。

キャンディ

スリランカ内陸部、シンハラ王朝最後の都とその周辺地域。スリランカで最初に紅茶が作られた場所で、標高600m前後に茶園が広がるミディアムグロウンティー産地。渋みが少なく、香りも軽めで非常にソフトな印象が特徴で、アレンジティー、フレーバードティーなどに適している。

急冷法

アイスティーの作り方の一種で、熱湯で抽出した濃い抽出液を、氷で急激に冷やす方法。水出し方と比べ短時間で出来るが、クリームダウンが起こりやすくなる。

祁門紅茶

中国工夫紅茶の品名。安徽省の祁門県で生産される紅茶で世界三大銘茶の一つ。4~5月に摘まれた春茶は、全17の製茶工程を経て8月に出荷される。最高品は少量で、ランとリンゴが混ざったような甘い芳香があるといわれている。祁門の生産量は3,500トンといわれているが、需要があると周辺地の工夫紅茶を混ぜ1万トン程度市場に出てくることもある。