ABOUT TEA

デコラージュトップページ > ABOUT TEA > ティーディクショナリー

ティーディクショナリー

さ行

セイロン紅茶

スリランカ産紅茶の総称。スリランカは1972年までセイロンと呼ばれていた。日本で紅茶に原産国表示が義務付けられた1974年に旧セイロンの国名はスリランカに改まった。セイロン紅茶は世界の茶の生産のうち10%を占める。一般的には、ほのかな柑橘系のアロマがあり、ブレンドでも単一産地銘柄でも使用される。スリランカでは茶園と加工工場の標高によってハイグロウン・ティー、ミディアムグロウン・ティー、ロウグロウン・ティーの3つに区分される。

世界三大銘茶

中国・安徽省の祁門紅茶、インドのダージリン紅茶、スリランカのウバ紅茶を指す。

セカンドフラッシュ

二番摘み茶のこと。ダージリン、アッサムでは2回目に芽伸びする5~6月に気温と日照に恵まれて良い紅茶が取れる。

セミオーソドックス製法

CTC製法、ローターバン製法等、オーソドックス製法でない紅茶の製法の総称。オーソドックス揉捻機で第1揉捻をして玉解き・篩い分けした後、篩上をローターバン連続揉捻機と組み合わせた製法をセミオーソドックスと称した時期があった。現在はほとんどこの製法をオーソドックス製法と称している。アッサムで第1揉捻の篩下だけGBOPタイプの製品を作り、残りはCTC製法にする作り方があるが、今ではこの方法をセミオーソドックス製法という。短時間での大量生産に向いていてブロークンタイプの紅茶が生産される。