ABOUT TEA

デコラージュトップページ > ABOUT TEA > ティーディクショナリー

ティーディクショナリー

は行

ベストドロップ

ティーポットから注ぐ最後の一滴。旨味が茶葉の周りに付着しているので、紅茶の一番美味しい部分といわれている。ゴールデンドロップともいう。

ベッドフォード公爵夫人アンナ

第七代ベッドフォード公爵フランシスの妻で、19世紀前半のイギリス社交界で「午後のお茶会」を創案した人物とされる。「午後にお茶を飲む習慣」は19世紀より以前からあった。しかし19世紀に入り、人々は夕方に忙しい時間を過ごすようになり、夕食までの空腹をしのぐため午後5時頃にアンナが召使に「お茶とバターつきのパン」を用意させた。その効果は予想以上であったため、アンナは貴族の友人たちに手紙を書いて「ウォーバン・アッベイの公爵邸でのお散歩とお茶」に招待し続けた。この結果、ファッショナブルなロンドンの社交界に「午後5時頃に客間でお茶会を開くこと」が流行し始めた。ヴィクトリ女王もお気に召されてこれを推奨された為に、イギリスの「公式の午後の習慣」となっていったと伝えられる。

ベルガモット

イタリアで偶発的に実生として出来た柑橘系果実。イタリア南部で栽培されており、カタグナロ、フェミネロ、メラローサ、ビコラ、トルローサと5つの系統がある。厚さ3~4ミリメートルの果皮からベルガモットオイルという精油を採取し香料として使用する。